11.フェレットを飼う時に気を付けることは?
犬、猫に次ぐペットとしてフェレットの人気が急上昇しています。
しかし、実はフェレットは「しつけ」の難しい動物。
しっかりとしたしつけを行わずに飼い続けたために、手のつけられない暴れん坊になってしまう事もよくあります。

フェレットを飼う時に大事なしつけは、2つあります。

ひとつは、トイレのしつけ。二つめは噛み癖のしつけ。
フェレットは肉食動物のため、排泄物はツンとした悪臭を持っています。トイレの間隔も短く、何度もトイレに行く習性があります。
ペットとして飼う場合はまず、トイレを決められた場所でさせるしつけが不可欠なのです。

もうひとつのしつけは、噛み癖の制御。
フェレットの歯はとても尖っているため、力をいれて噛まれたら皮膚が裂けてしまうこともあるので注意が必要。

成長してからではなかなか覚えにくいため、小さいうちからしっかりと「しつけ」をしてあげることが大切です。
一覧へ戻る
  • 0
  • 0
  • 0
  • ペット豆知識
  • 病気問診票
  • ペット可物件リクエスト
  • ペットと暮らしのお役たちコラム