13.「秘密のポケット」 ハムスターのほお袋の秘密!
ハムスターのほお袋は、食べたものを一時的に蓄え、運搬するための器官。
野生のハムスターは、冬に備えて食糧を運んで蓄える習性をもっています。

雑食性であることから、その唾液にはいろいろな食べ物を消化する「酵素」が多く含まれています。
唾液と食べ物をほお袋でよく混ぜ合わせて、胃に送り込むなどの機能ももっているのだとか。

体の小さいハムスターですが、そのほお袋は最大80個のひまわりの種が入るほどに大きく広がります!

色々な「秘密」を持ったミステリアスなほお袋。
パンパンに膨らませた姿はとてもキュートですが、パンやお米などの食べ物が貼り付いて取り出せなくなる可能性もあるため、与える食べ物には注意が必要ですよ!
一覧へ戻る
  • 0
  • 0
  • 0
  • ペット豆知識
  • 病気問診票
  • ペット可物件リクエスト
  • ペットと暮らしのお役たちコラム